平成30年度インターハイ優秀選手

平成30年度のインターハイが幕を閉じました。

インターハイで無類の強さを誇った千葉県勢が共に初戦で敗退するなど、波乱の多い大会でした(習志野は桐光学園に、市立船橋は山梨学院に。終わってみれば、どちらも決勝進出チームに敗れています)

注目していた青森山田も、2回戦で昌平高校に敗れてしまいました・・・

関連記事>>>2018年の高校サッカーも青森山田高校に注目!!

そんなわけで今回の記事では、発表された優秀選手と感想を書いていきます。

優秀選手

GK

市川隼 (山梨学院 / 3年)
中川真 (徳島市立 / 2年)
小原司 (日章学園 / 3年)

DF

堀江貴大 (昌平 / 3年)
関根浩平 (昌平 / 3年)
関海翔 (習志野 / 3年)
内田拓寿 (桐光学園 / 3年)
望月駿介 (桐光学園 / 3年)
大石悠介 (山梨学院 / 3年)
西澤俊 (山梨学院 / 3年)
飯田敏基 (東山 / 3年)
中村拓海 (東福岡 / 3年)
吉村仁志 (大津 / 3年)

MF

檀崎竜孔 (青森山田 / 3年)
木下海斗 (昌平 / 3年)
原田虹輝 (昌平 / 3年)
中村洸太 (桐光学園 / 2年)
阿部龍聖 (桐光学園 / 3年)
西川潤 (桐光学園 / 2年)
平松柚佑 (山梨学院 / 2年)
野村海 (山梨学院 / 3年)
小森飛絢 (富山一 / 3年)
平尾拳士朗 (藤枝東 / 3年)
大竹悠聖 (大津 / 3年)
水野雄太 (大津 / 3年)
河原淳 (日章学園 / 3年)

FW

榎本樹 (前橋育英 / 3年)
森田翔 (昌平 / 3年)
鈴木唯人 (市立船橋 / 2年)
ウォー・モハメッド (三浦学苑 / 3年)
宮崎純真 (山梨学院 / 3年)
久乗聖亜 (東山 / 3年)
鶴野怜樹 (立正大淞南 / 3年)
大森真吾 (東福岡 / 3年)
鈴木陽介 (日章学園 / 2年)

感想

今大会は、異常に暑かったり突然雷雨が降ってきたりと、試合そのものに集中するのが難しい大会でした。
試合時間も35分ハーフと短く、試合の入り方や要所要所での集中力の高さが試合結果を大きく左右したようです。

決勝戦はプリンスリーグ関東のチーム同士となりました。お互いにプレミアリーグ所属のチームを破って勝ち上がっています。
宮崎純真(山梨学院)、西川潤(桐光学園)とお互いに攻撃の中心となる選手がいます。
宮崎選手は桐光学園のCBである望月駿介、内田拓寿と同じFC多摩出身ということで、かなり気合が入っていたようですね。

千葉県勢に加えて青森山田や前橋育英、東福岡など優勝争いを予想されていた高校が、今大会では早々に敗退してしまいました。

ただ、高校サッカーの集大成はなんといっても冬の選手権。
これらの高校に加えて予選で敗退した流通経済大柏などが冬に向けてどういったチーム作りをしてくるのかが楽しみです。

それまでには、今大会で活躍した選手たちがJクラブへの入団を続々と決めていくことでしょう!