谷 晃生(たに こうせい)

基本情報

谷 晃生(たに こうせい)

ポジション:GK

生年月日:2000年11月22日

出身地:大阪府

所属チーム

現在の所属チーム:ガンバ大阪

過去の所属チーム

TSK泉北サッカークラブ

ガンバ大阪ジュニアユース

ガンバ大阪ユース

来歴

クラブ

中学の頃からガンバ大阪の下部組織に所属。

2017年、高校2年ながらユースチームの高円宮杯プレミアリーグメンバーには登録されず、トップチームの練習に参加しつつガンバ大阪U-23としてJ3の試合に出場。

2018年、高校3年ながらトップチームに昇格。同期には、同じく高校3年にして三菱養和SCユースから加入した中村敬斗の他、1学年上の福田湧矢、山口竜弥、松田陸、白井陽斗、芝本蓮がいる。

日本代表

常に年代別の日本代表に選出され、この年代を代表するGKである。

2017年10月、FIFA U-17W杯の日本代表メンバーに選出。

2017年12月、M-150カップに挑むU-20日本代表に選出。

プレーの特徴

180台後半と高身長ながら足元のボールテクニックもあり、ビルドアップに参加できる現代型のGK。

所感

この年代を代表するGKと言って間違いないでしょう。

高身長で足元の技術の兼ね備えていることは、現代サッカーのGKにおいて必須となりつつあります。日本でいえば西川 周作、海外でいえばドイツ代表のマヌエル・ノイヤーあたりが代表格でしょう。

今後さらにセービング技術と安定感を磨いていけば、東京五輪のGK争いに割って入っていける逸材だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です