2018年はサガン鳥栖U-18が最強なので要注目!

9試合を戦って9勝0敗、総得点44総失点8の得失点差36

これがU-18プリンスリーグ九州を戦うサガン鳥栖U-18のここまでの戦績です。

はっきり言って、めちゃくちゃ強いです(笑)

2位の日章学園高校に勝ち点11差をつけて断トツの首位。

上位2チームに与えられるプレミアリーグ参入戦への出場権獲得は間違いないでしょう。

昨年のサガン鳥栖U-18

昨年のサガン鳥栖U-18は、プリンスリーグ九州に参入1年目ながら見事に優勝。

プレミアリーグ参入戦では1回戦で中村敬斗有する三菱養和SCユースに敗れ、プレミアリーグ参入はなりませんでした。

しかしU-15チームも日本クラブユースサッカー選手権U-15で全国優勝しており、その年代が加わった今年のサガン鳥栖U-18はかなりの実力派集団となっています。

サガン鳥栖U-18の注目選手

秀島 悠太

2002年3月6日生まれ

ポジション:FW

現在高校2年生ながら背番号「9」を背負う。

プリンスリーグ九州では9節終了時点で12得点をあげ、得点ランキングトップタイ。

力強いドリブルやゴールへの貪欲さが特徴。

早生まれのため2019年のFIFA U-17W杯を目指せる世代であり、今後の活躍に期待がかかる。

石井 快征

2000年4月24日生まれ

ポジション:FW

2018年は高校3年ながらトップチームとの2種登録を果たすと、ルヴァンカップ第5節のV・ファーレン長崎戦でトップチームデビュー。見事に初ゴール&PK獲得という活躍を果たした。

U-18チームでは秀島と強力2トップを形成し、互いに得点を量産している。

板橋 洋青

2001年8月11日生まれ

ポジション:GK

昨年は高校1年生ながらU-18チームで出場機会を得て、トップチームとの2種登録を果たした。今シーズンは高校2年生ながらU-18チームのスタメンGKとして先発出場を続ける。

7月14~16日に新潟で行われた国際ユースサッカー大会のU-17日本代表にも選出され、着々と成長を続けている最中。

クラブユースサッカー選手権(U-18)大会にも期待

群馬県にて7/22~8/1の期間で第42回 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会が開催されます。

現在FC東京U-18が2連覇中ですが、今年は去年、一昨年のような強さはなく、その他のチームにもチャンスがあるような状態です。

基本的にはやはり普段プレミアリーグEAST・WESTで戦ってるチームの方が優勝の可能性は高いですが、今年のサガン鳥栖U-18の強さを見ると、プリンスリーグ九州所属ですが十分に優勝の可能性はあると思います。

クラブユースサッカー選手権(U-18)大会でのサガン鳥栖U-18の活躍に期待です!