中村 敬斗(なかむら けいと)

基本情報

中村 敬斗(なかむら けいと)

ポジション:FW

生年月日:2000年7月28日

出身地:千葉県我孫子市

所属チーム

現在の所属チーム:ガンバ大阪

過去の所属チーム

柏レイソルU-12

高野山サッカースポーツ少年団

三菱養和SC巣鴨JY

三菱養和SCユース

来歴

クラブ

小学生時代は柏レイソルのジュニアに所属していたがパスサッカーにあわず、6年生で地元のクラブに加入。

中学からは個人技を重視する三菱養和で技を磨いた。

12歳のときにイギリスの名門マンチェスター・ユナイテッドのスクールに参加し、18か国29人の参加者の中から優秀選手に選ばれた経験をもつ。

2017年、高校2年生にしてG大阪やFC東京、C大阪、浦和などの練習に参加。

2018年、高校3年ながらガンバ大阪に加入。同期には、同じく高校3年にしてガンバ大阪ユースから昇格した谷晃生の他、1学年上の福田湧矢、山口竜弥、松田陸、白井陽斗、芝本蓮がいる。

2018年2月24日、J1リーグ開幕戦の名古屋グランパス戦で途中出場からデビュー。

日本代表

川崎フロンターレU-18の宮代大聖とは常に代表でも一緒で大の仲良しであり、ポジションが同じFWであることからライバル関係でもある。

FIFA U-17W杯の日本代表メンバーに選出。

プレーの特徴

180cmの高身長ながらドリブルで相手を抜き去るプレーを得意としている。特に左サイドからカットインしてからの強烈なシュートは日本トップレベルである。

代表では守備に関して監督から課題を指摘されており、日々課題の克服に取り組んでいる。

所感

この世代はFWに優秀な選手が多いんですよね。宮代 大聖、山田 寛人、久保 建英などなど。それを考えると、中村選手は左WGや左SHでの起用も検討したいところ。ただそうなると守備能力が必須になるんですよね。

確かに中村選手は攻撃においては非凡な能力を持っていますが、守備能力やこぼれ球を拾うような能力はまだまだといったところ。

今後はその辺りをさらに磨いて代表で活躍していってほしいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です