旗手 怜央(はたて れお)

基本情報

旗手 怜央(はたて れお)

ポジション:FW

生年月日:1997年11月21日

出身地:東京都世田谷区

所属チーム

現在の所属チーム:順天堂大学

過去の所属チーム

FC四日市ジュニア

静岡学園高校

来歴

クラブ

高校2年の選手権3回戦で、その年のインターハイを制し優勝候補だった東福岡高校を3-0で撃破。その試合で1得点し、一躍有名になる。

高校3年の選手権には出場できず。

2017年

高校卒業後は順天堂大学へ進学。静岡学園から順天堂大学へ進学した先輩には長谷川竜也や1学年上の名古新太郎がいる。

順天堂大学では、両先輩と同様に1年時からレギュラーを掴み得点を量産。

三笘薫と共に、この世代の大学サッカーを代表する選手である。

2018年

7月13日、大学3年ながら三笘と共に卒業後の川崎フロンターレ加入内定が発表された。

日本代表

高校選抜などには選ばれても、各年代の代表とは無縁だった高校時代。

2017年

3月、順天堂大学での活躍が認められ、FIFA U-20ワールドカップ前のドイツ遠征メンバーに召集される。
FIFA U-20ワールドカップ本番のメンバーには残念ながら選出されず。

8月、ユニバーシアード日本代表に選出。大学2年生からの選出は三笘と旗手の2選手だけだった。

12月、FIFA U-20ワールドカップの日本代表メンバーに選出されなかった選手達で挑んだM-150杯の日本代表メンバーに選出。

2018年

1月、AFC U-23選手権に挑むU-21日本代表に一度は落選するも追加召集。

8月、アジア大会に挑むU-21日本代表メンバーに選出。

プレーの特徴

静岡学園らしい技術の高さに加えて、力強さも兼ね備える。

得意なプレーは、身体能力を活かした力強いドリブル突破と、そこからの強烈なシュート。

シュート精度も高く、大学サッカーではチャンスを確実にモノにして得点を量産している。

所感

高校2年時の第93回高校サッカー選手権で一躍有名になった旗手選手。
3回戦で東福岡高校を3-0で撃破した試合では、名古選手と共に大活躍でした。

藤川虎太朗選手が公式プロフィールで「過去に対戦してもっとも衝撃を受けた選手は?」という質問に対して、「旗手怜央選手」と答えてます。その理由は、「ドリブル、パス、体の強さ、すべて持っているから」

まさにその通りで、静岡学園仕込みのテクニックに加えて力強さとシュート精度の高さも兼ね備えています。

正直、「なんで高卒でJリーグにいけなかったんだろう」といった印象です。

大学2年の段階で「すでにJリーグでスタメン出場できるレベル」などと言われていますし、もしかしたら大学卒業を待たずにJリーグチームへの加入もあり得るのではないかと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です