2018年の高校サッカーも青森山田高校に注目!!

今年もいよいよインターハイが開催します。

1回戦から東福岡高校と矢板中央高校が対戦するなど、注目の試合が目白押し。盛り上がること間違いなしです!

そんな中、筆者が注目している高校は何といっても青森山田高校。

プレミアリーグEASTでは第8節終了時点で2位につけ、高校のチームとしてはトップに立っています。

そんな青森山田高校の注目選手を、今回は簡単に紹介しようと思います。

飯田 雅浩

ポジション:GK

「廣末陸の後継者」と呼ばれ、この学年の高校サッカーを代表するGK。
青森県予選でも終始安定したプレーを見せ、無失点優勝に貢献した。
身長は185cmとGKとしてはそこまで大きくないが、安定感あるプレーが持ち味。
まずはインターハイで活躍し、廣末と同じく高卒プロ入りを目指す。

三國 ケネディエブス

ポジション:CB

高校2年時にポジションをCBに変更してから急激な成長を遂げ、今年に入ってからはこの年代の日本代表にも選出されるまでになっている。
圧倒的な高さが特徴で、セットプレーからの得点にも期待できる。
アビスパ福岡への入団が内定済み。

檀崎 竜孔(だんざき りく)

ポジション:MF

青森山田中学の頃からチームを引っ張る中心選手。
スピードにのったドリブルが得意で、今年に入ってからは得点力も大幅にアップ。プレミアリーグEASTでは現在断トツの得点ランキング1位。
インターハイで活躍し、三國ケネディエブスに続いてプロ入りを内定させたいところ。

佐々木 銀士(ささき ぎんじ)

ポジション:FW

プレミアリーグEASTで檀崎に続いて得点ランキング2位に位置する、決定力のあるストライカー。
中学時代は三菱養和巣鴨JYで中村敬斗と一緒にプレーしていた経歴を持つ。
今大会では檀崎にマークが集中することが予想されるため、その分佐々木がどれだけ活躍できるかがチームの結果を左右する。

バスケス・バイロン

ポジション:MF

1年時から出場機会を得るも、その後は伸び悩み。
3年になってようやくスタメンに定着し、その後は檀崎や佐々木と得点を量産している。
前橋育英高校の榎本樹とは中学時代に所属した東松山ペレーニアのチームメートであり、インターハイでの直接対決にも期待がかかる。

まとめ

以上、注目選手を簡単に紹介しました。

この年代は青森山田中学時代に全国優勝した年代であり、三国や檀崎はその頃からの中心選手です。

昌平や大津、前橋育英高校など強豪校の集まるブロックに入ってしまいましたが、青森山田高校の活躍に期待してインターハイを見ていこうと思います。