安部 裕葵 (あべ ひろき)

基本情報

安部 裕葵 (あべ ひろき)

ポジション:FW

生年月日:1999年1月28日

出身地:東京都

所属チーム

現在の所属チーム:鹿島アントラーズ

過去の所属チーム

城北アスカFC

S.T.FOOTBALL CLUB
※2012年にスタートした本田圭佑がプロデュースを行うサッカーチーム

瀬戸内高校

来歴

クラブ

FC東京の岡崎慎とは小学の同級生。

中学までは無名の選手で、名門高校からは声が掛からず。S.T.FOOTBALL CLUBスタッフの伝で広島県の瀬戸内高校に進学。

高校3年時、夏の高校インターハイで全国ベスト8に進出。大会優秀選手に選ばれた。

その後、インターハイでの活躍が評価され鹿島アントラーズへの加入が内定。瀬戸内高校出身選手のJリーグクラブ加入は初めて。

なお、S.T.FOOTBALL CLUB出身の選手からプロ入りしたのも安部が初めて。

日本代表

それまで世代別日本代表には無縁だったが、クラブでの活躍によってU-19日本代表に選出されトゥーロン国際大会に出場。

2017年のFIFA U-20ワールドカップのメンバーには選出されなかったが、世代としては2019年FIFA U-20ワールドカップの世代なので今後に期待される。

プレーの特徴

高卒ルーキーながら、相手を下に見るかのような面構えが一番の特徴。

武器は巧みなコース取りと鋭いフェイントで相手を交わしていくドリブルで、ドリブルをしている時の姿勢の良さが際立つ。

意表をつくスルーパスも得意で、これは姿勢の良さによる視野の広さの賜物と言える。

所感

正直、鹿島アントラーズでデビューするまでは全く知りませんでした。

しかし高卒ルーキーながら鹿島アントラーズで途中出場を重ね、セビージャとのワールドチャレンジ2017で彼の名は日本中に知れ渡りました。

セビージャ戦で見せたあのキレキレのドリブル。あの試合で一番動きにキレがあったと思います。

これまでは日本代表とは無縁の生活でしたが、クラブで出場を続けていれば間違いなく代表に呼ばれるような選手になるでしょう。

もしかすると、東京五輪では日本の秘密兵器になっているかもしれません。

今後に期待です!